ココナッツオイルマニア

ココナッツオイルマニアが選ぶ!オススメのココナッツオイル

ココナッツオイルの選び方。安いココナッツオイルでも効くの?

      2015/11/09

ココナッツオイルは色んなメーカーから販売されており、製造過程も異なれば、値段も高いものから安いものまでピンキリと言っていいでしょう?

なんとなく高いココナッツオイルの方が効果は高く、安いココナッツオイルは効果が薄い。
そんなイメージはありませんか?

ここでは、あなたが選ぶべきココナッツオイルの選び方を説明しますね。

ココナッツオイルを抽出方法で選ぶ

ココナッツオイルを選ぶにあたって、まず知らないといけないことはココナッツオイルは抽出方法によって特徴が変わるということです。

詳しい作られ方はこちらで見てもらうとして、簡単に説明すると、

発酵分離→ 栄養価が高い
加熱分離→ ビタミンEだけ低い
遠心分離法→ 栄養価が他と比べて低い・水分が多いので劣化しやすい

ということになります。

遠心分離法は栄養価が低く、劣化しやすいという欠点がありますが、分離するのに時間がかからないという企業側のメリットがあるので、意外とこの製法を採用されている商品が多いのが現実です。

そして、ココナッツオイルにはオリーブオイルと同じようにバージンオイルとそうでないオイルがあります。
バージンココナッツオイルとココナッツオイルの違いについてはこちら

上記のどの製法で作られていても、バージンオイルはココナッツ本来の香りがします。
ですので、炒め物や和食との相性は悪いでしょう。
そのまま飲んだり、お菓子やドリンクに入れるのであれば問題なく使えます。

一方、精製ココナッツオイルは上記の製造工程の過程で、化学溶剤を使用して脱臭・漂白・殺菌を行っています。
こちらはココナッツの香りがしないので、どのような料理に使っても美味しくいだだけます。

しかし、精製オイルは自然由来の物を使っているのなら安心ですが、一部そうでない場合もあるようなので選ぶ時は注意が必要です。

まとめ
抽出方法で選ぶなら発酵分離法を選ぶ。
確実に安全なものを使うならバージンココナッツオイルを選ぶ
料理に使うなら精製オイルを選ぶ。

効果と目的別に選ぶ

あなたがココナッツオイルを摂る目的はなんでしょうか?
ココナッツはいろんな恩恵を与えてくれますので、人それぞれココナッツオイルを探す動機が異なると思います。

ぜひ、あなたの目的に合った効果があるココナッツオイルを選んでください。

ダイエット目的で選ぶ

ダイエットにはココナッツオイルの中鎖脂肪酸が効果があります。
中鎖脂肪酸は肉の脂質と比べて、格段に代謝されるスピードが速いのが特徴です。

したがって、体に蓄積されにくい脂質だとして注目されています。
いつもの油をココナッツオイルに変えるだけで、数キロ痩せたという人が研究過程で何人も出ました。

また中性脂肪やコレステロールを下げる働きもありますので、ダイエット目的にココナッツオイルを選ぶのであれば、中鎖脂肪酸が豊富に含まれたココナッツオイルを選びましょう。

健康目的で選ぶ

健康目的で選ぶのであれば中鎖脂肪酸であるラウリン酸が豊富なココナッツオイルを選びましょう。

ラウリン酸は人間の母乳にも含まれている栄養素で免疫効果を高める効果があります。
粉ミルクにも必ず添加されている栄養素です。

美容目的で選ぶ

ボディオイルやヘアパック用に使いたいというのであれば、無添加のココナッツオイルを選びましょう。

一部製品には、漂白剤や防腐剤が添加されているものがあります。
口にするものより気にする必要はないと言っても、やはり美容のためには良い物を使いたいですよね。

製造方法に気をつけるよりは、無添加かどうかに気をつけて選ぶと良いと思います。

アンチエイチング目的で選ぶ

アンチエイチング目的で選ぶのであればビタミンEが豊富に含まれたココナッツオイルを選びましょう。
ココナッツオイルに含まれるビタミンEには強い抗酸化作用があります。

ビタミンEは熱に弱い性質がありますので、加熱分離法で作られたココナッツオイル以外のものを選びましょう。

アルツハイマー病の改善・予防目的で選ぶ

アルツハイマー病にはココナッツオイルの中鎖脂肪酸が効果があると言われています。

したがって、中鎖脂肪酸がより豊富に含まれているココナッツオイルを選ぶのが良いでしょう。

中鎖脂肪酸は熱に強く、酸化しにくい栄養素ですので、製造方法に関してはどの製法でも大差はありませんが、生の果実からそのまま搾り出したココナッツオイルによく含まれている傾向にあります。

ココナッツオイルを産地から選ぶ

ココナッツオイルはメーカーによって産地が様々です。
主なところはフィリピンとタイですが、一部アメリカやスリランカのココナッツオイルもあります。

産地なんてどこも同じでしょ?と思うかもしれませんが私の一番のオススメはフィリピン産のココナッツオイルです。

フィリピンは昔からココナッツを作っており、フィリピンにとってはココナッツは伝統的な食品です。
バナナのイメージが強いフィリピンですが、実はフィリピン人の3分の1もの人がココナッツでなんらかの収入を得ています。

それぐらい伝統産業になっているフィリピンではココナッツ庁という政府機関があります。
国を挙げてココナッツの品質管理や技術支援がなされているので、フィリピン産のココナッツは質が高いのです。

まとめ
産地で選ぶならココナッツ庁があるフィリピン産のココナッツオイルがオススメ!

 - 基礎知識

  関連記事

ココナッツオイルに含まれるビタミンEの効能・効果・働き

ビタミンEは美容やアンチエイジングに効果がある成分ですが、残念ながら人体で作り出 …

ココナッツオイルに含まれるラウリン酸の効能

ココナッツオイルにはラウリン酸が豊富に含まれているのが特徴です。 ラウリン酸は飽 …

no image
ココナッツオイルの賞味期限は?保存方法はどうする?

ココナッツオイルは20度~25度以上であれば液状ですが、それ以下に下がると固形化 …

no image
ココナッツオイルの効能・効果

ココナッツオイルの効能を知るにはココナッツオイルに含まれている栄養成分の効能を知 …

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸の効能と含有量の割合は?

中鎖脂肪酸についてはWEBサイトに書かれている内容も誤ったものが多く、誤解されが …

ココナッツオイルとは?

ココナッツオイルとは、その名の通りココナッツの白い果肉部分から取れるオイルです。 …

no image
ココナッツオイルの摂り方、一日の摂取量について

ココナッツオイルを摂取するのに様々な疑問があると思います。 例えば、一日に何回食 …

no image
エキストラバージンココナッツオイルとココナッツオイルの違い

ココナッツオイルを選ぶときに、エキストラバージンココナッツオイルとかココナッツオ …