ココナッツオイルマニア

ココナッツオイルマニアが選ぶ!オススメのココナッツオイル

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸の効能と含有量の割合は?

   

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸の効能と含有量の割合は?

中鎖脂肪酸についてはWEBサイトに書かれている内容も誤ったものが多く、誤解されがちな栄養素です。

しっかりとここで中鎖脂肪酸について知識をつけて、ココナッツオイルがなぜ体に良いのかを分かってください。

ココナッツオイルの誤解。ココナッツオイルは体に悪い?

ココナッツオイルは肉の脂質と同じ飽和脂肪酸だから体に悪い、動脈硬化や肥満の原因になる!と誤解されている方がたまにいらっしゃいます。

しかし現実は全く異なります。
それを理解するにはまずは飽和脂肪酸やココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸の働きを理解する必要があります。

脂質は大きく分けると飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分かれます。
飽和脂肪酸は動物性の脂に多く、不飽和脂肪酸は植物性の脂に多いのですが、ココナッツオイルには飽和脂肪酸が多く含まれています。

これがココナッツオイルに対して誤解を生む原因なのですが飽和脂肪酸についてもう少し理解を進めてみましょう。

飽和脂肪酸は短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、長鎖脂肪酸の3つに分類されます。

さらにさらに短鎖脂肪酸は酢酸・酪酸・カプロン酸に分類され、中鎖脂肪酸はカプリル酸・カプリン酸・ラウリン酸、長鎖脂肪酸はミリスチン酸・パルミチン酸・ステアリン酸に分類されます。

そして、ココナッツオイルの脂質は飽和脂肪酸の中鎖脂肪酸が主体で、主にラウリン酸を多く含んでいます。
一方で、動物の脂質は長鎖脂肪酸に分類されます。

摂りすぎると動脈硬化や肥満の原因となるのは、この動物の脂質である長鎖脂肪酸なのです。
この長鎖脂肪酸については細かいことは省きますが、中性脂肪やコレステロールを高める働きがあります。

健康を考えるとなるべく摂りすぎに注意したほうがよい栄養素と言えるでしょう。
そしてややこしいのが、テレビや雑誌では長鎖脂肪酸のことを飽和脂肪酸とまとめて呼んでしまうことがあるのです。

このことから私たちは「飽和脂肪酸=摂りすぎは良くない脂肪」と認識してしまっています。

ですから、飽和脂肪酸の中でも中鎖脂肪酸が主な成分であるココナッツオイルが体に悪いというのは全くの誤解ということになります。

そもそも飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の分類は分子構造の違いで分類されるので、どちらが体に良い悪いではないのですから。

まとめ
ココナッツオイルは動物の脂と同じ飽和脂肪酸が主成分。
飽和脂肪酸は短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、長鎖脂肪酸の3つに分かれる。
肉の脂は長鎖脂肪酸、ココナッツオイルは中鎖脂肪酸。
摂りすぎるとよくない脂肪は長鎖脂肪酸。

中鎖脂肪酸の効能および働き

それでは、中鎖脂肪酸の効能およびその働きについて説明します。

ココナッツオイルには中鎖脂肪酸の中でもラウリン酸という栄養素が特に豊富に含まれています。

このラウリン酸は人間の母乳にも含まれている成分で、人間の免疫能力を高める働きがあります。
粉ミルクの中にも必ずラウリン酸は添加されており、誰しもが赤ちゃんの頃にお世話になった脂質なのです。

また、中鎖脂肪酸は腸内での消化吸収に消化酵素の助けを借りなくてもいいため、速やかに吸収されて効率よくエネルギー代謝してくれます。
どれぐらい吸収されやすいかというと赤ちゃんでも容易に吸収できるほどです。

実際にココナッツオイルを輸入販売されている株式会社ブラウンシュガーファースト代表の荻野さんは、ご自身の娘さんの離乳食やドリンクにココナッツオイルを混ぜて与えて育てているそうです。

そして中鎖脂肪酸は吸収後すぐにエネルギーとして代謝されるため、同じ量の油を摂取したとしても、ココナッツオイルの場合は脂肪として溜まりにくいのです。

それどころか、脂肪を燃焼させる働きがあるので逆に脂肪が落ちてダイエット効果があります。

良い事尽くめの中鎖脂肪酸ですが、ココナッツオイルには60%ほどという高い割合で中鎖脂肪酸が含まれています。
しかし、別の飽和脂肪酸や不飽和脂肪酸も少量含まれています。
また、体に溜まりにくいと言っても油ですのでカロリーもあります。

たくさん摂れば摂るほど良いというわけではないので、その点は注意してください。

中鎖脂肪酸の効能や働きのまとめ
・免疫効果を高める
・赤ちゃんでも吸収できるほど、すぐに体に吸収される
・吸収後すぐにエネルギーとして代謝されるので体内に蓄積されない
・脂肪を燃焼させる働きがある

中鎖脂肪酸の含有量が多いココナッツオイルは?

中鎖脂肪酸が人体に良い影響を与えることは分かっていただけたと思います。

市販されているココナッツオイルはメーカーによって製造過程が異なることから、成分量も若干ながら異なってきます。

ココナッツオイルを選ぶのであれば、中鎖脂肪酸の割合が多く、ラウリン酸がたくさん含まれているココナッツオイルを選びましょう。

私が中鎖脂肪酸にこだわるならコレ!といったオススメのココナッツオイルはこちらです。

 - 基礎知識

  関連記事

ココナッツオイルに含まれるビタミンEの効能・効果・働き

ビタミンEは美容やアンチエイジングに効果がある成分ですが、残念ながら人体で作り出 …

no image
ココナッツオイルの選び方。安いココナッツオイルでも効くの?

ココナッツオイルは色んなメーカーから販売されており、製造過程も異なれば、値段も高 …

no image
ココナッツオイルの摂り方、一日の摂取量について

ココナッツオイルを摂取するのに様々な疑問があると思います。 例えば、一日に何回食 …

ココナッツオイルとは?

ココナッツオイルとは、その名の通りココナッツの白い果肉部分から取れるオイルです。 …

no image
エキストラバージンココナッツオイルとココナッツオイルの違い

ココナッツオイルを選ぶときに、エキストラバージンココナッツオイルとかココナッツオ …

no image
ココナッツオイルの効能・効果

ココナッツオイルの効能を知るにはココナッツオイルに含まれている栄養成分の効能を知 …

no image
ココナッツオイルの賞味期限は?保存方法はどうする?

ココナッツオイルは20度~25度以上であれば液状ですが、それ以下に下がると固形化 …

ココナッツオイルに含まれるラウリン酸の効能

ココナッツオイルにはラウリン酸が豊富に含まれているのが特徴です。 ラウリン酸は飽 …