ココナッツオイルマニア

ココナッツオイルマニアが選ぶ!オススメのココナッツオイル

ココナッツオイルを使ったオイルプリングのやり方と効能効果

   

ココナッツオイルを使ったオイルプリングのやり方と効能効果

オイルプリングというものを知っていますでしょうか?

一言で表すと「植物油でうがいをすること」なのですが、たったこれだけで様々な健康効果を体感できるということと、全くのノーリスクであるということから、アンジェリーナ・ジョリーや道端ジェシカなど海外セレブからモデルまで、美と健康に敏感な方達を中心に話題となっています。

オイルプリングの正しい知識や方法を学んで、ぜひあなたも実践してみてください。

オイルプリングとは?

オイルプリングとは植物油でうがいをすることです。

うがいと言っても「がらがらーぺっ!」とするのではなくて「くちゅくちゅ」と口をすすぐようにします。

オイルプリングのプリングとは「引く・引っ張る」という意味なのですが、「口の中で油を押したり引いたりして口全体に油を行き渡らせる」「毒素を引っ張り出す」という2つの意味合いがあります。

もともとは5000年の歴史のあるインド伝統医学のであるアーユルヴェーダが起源であり、ひまわり油やごま油を主に使用してきました。
これはアーユルヴェーダ発祥であるインドの家庭によくある植物油が、ひまわり油やごま油だった為です。

オイルプリングでは、特にこの油を使わないといけないといった決まりごとはありません。
植物油であれば効果は基本的には同じです。

しかしココナッツオイルには中鎖脂肪酸やラウリン酸と呼ばれる健康に良い脂質を含んでおり、また、抗菌作用や抗ウイルス作用があるためにオイルプリングに一番適したオイルではないかと言われています。

ミランダ・カーがココナッツオイルを愛用しているのは有名ですが、アンジェリーナ・ジョリーや道端ジェシカもココナッツオイルでオイルプリングをしていると話題を呼んでいます。

オイルプリングの効能・効果

オイルプリングは身近にある植物オイルで簡単にかつノーリスクで出来る健康法ということで、いろいろな研究者がその効果や効能を調査しています。
その調査結果により、オイルプリングには様々な効果効能があることが分かっています。

下記はオイルプリングによる効果効能のほんの一例にすぎません。

これは2005年にインドのパイオニア・マッチ・インダストリーズ社が150人の女性従業員に対して行った調査でわかりました。

この調査は毎朝の朝食前に1度オイルプリングをしてもらい、25日後にオイルプリングをしてから何らかの効果を感じたか?という質問に対して「非常に良い」「よい」「普通」「効果なし」の4段階で回答してもらうという方法で行われました。

その結果、150人中144人が25日間最後までやり遂げ、その内の137人(93%)が何らかの改善が見られたと回答しました。
また、81人(56%)が「非常に良い」「よい」と回答しました。

全く効果を感じなかったと回答したのはたったの7人(5%)でした。

引用:ココナッツ・オイルプリング

お口のトラブル予防

オイルプリングには歯垢の減少や歯肉炎の減少効果があることが分かっています。

これは、KLES インスティテュートの調査によって科学誌「journal of Oral Health and Community Dentistry」で発表されています。

この調査では理学療法を学ぶ大学生10人を被験者として調査されました。

調査方法は毎朝1回、被験者にはいつも通りの口腔ケア(歯磨きなど)をしてもらい、それに加えてオイルプリングをしてもらうという方法です。
もちろん先入観を持たないためにオイルプリングの効能については、説明は行っていません。

この方法は45日間続けられその効果を調査したところ、全ての被験者で歯垢の形成が著しく減り(歯垢が出来にくくなり)、歯肉炎も改善されていました。

数値で表すと、オイルプリングによって歯垢は18~30%減りました。
これは歯磨きの11~27%、マウスウォッシュ(殺菌性)の20~26%と比べても遜色のない効果です。

また、オイルプリングによって歯肉炎は52~60%の改善が見られました。
この結果は、歯磨きの8~23%、マウスウォッシュ(殺菌性)の13%と比べると圧倒的にオイルプリングにその効果の高さが見られます。

これらの結果は歯垢や歯肉炎の原因菌をオイルプリングによって減少させたことによります。

だからといって日常の歯磨きをしなくてもよいというわけではありませんので、その点には注意してください。
あくまでもオイルプリングは日常のケアに付け足すものです。

口臭改善

私の場合は、朝起きてすぐにオイルプリングをしてから歯を磨く。
夜は寝る前に歯を磨いてからオイルプリングをする。

といったことを1週間続けました。

すると、口臭が劇的に改善されました。

どれぐらいかというと、朝起た時に口が臭くないというぐらいです。

歯のホワイトニング効果

ホワイトニング

ただし白くなるといっても、歯の本来の白さが戻る程度です。
歯というのは黄色がかった象牙質を半透明の白色のエナメル質が覆っていますので、実はもともと真っ白ではありません。

芸能人は歯科医院で専用の薬剤を使って、歯を漂白して白くしています。
植物オイルには漂白作用はありませんので、オイルプリングによって芸能人のような白い歯になることはありません。

過度の期待は禁物です。

美容効果

オイルプリングをすると顔に効果を実感する人が多くいます。

1996年にアンドラ・ジョディによって行われた調査によると、1041人のうち927人(89%)がオイルプリングによって病気が一つ以上治ったと報告しました。

その改善項目は多岐に渡るのですが、その中でも皮膚のトラブル(色素沈着・痒み・発疹など)が治ったという人が171人いました。

これは調査した1041人の約6%にあたる人間で決して多くはないのかもしれません。
また、オイルプリングの美容効果に関しては科学的にはまだ解明されてはいません。

しかし、オイルプリングによって実際に多くの人が顔のシミが消えたり吹き出物が出なくなったが、オイルプリングを止めたとたんに再発した、発疹が薬を使わなくても出なくなった、という声を上げる人が多いのも事実なのです。

慢性的な疾患の改善

口腔内の健康と全身性疾患には関係性があると言われています。
このことについては様々な論文によって、十分に裏づけされています。

口腔内には様々な細菌や微生物がコロニーを形成して繁殖しています。
もちろん、虫歯のミュータンス連鎖球菌もそのうちの一つです。

それらの細菌や微生物が原因で、身体全体に様々な慢性的な疾患が起こっていることが研究者によって発表されています。
詳しく知りたい方は「病巣感染論」というキーワードで調べてみてください。

文書で口腔内の細菌が原因であると発表されている健康障害には、

・顎骨、鼻、目、頭や首の口に近い部位の感染病
・心臓病
・アテローム性動脈硬化症
・関節炎
・肺感染
・骨粗鬆症
・糖尿病

などが挙げられます。

感染病以外でも、心筋梗塞になる確率は3倍、脳卒中になる確率は2倍と、歯周病になるとこれだけの確率が上がることが分かっています。

オイルプリングによって、口腔内の環境を整えることは大切なのです。

小顔効果

小顔効果

オイルプリングで小顔効果?と思うかもしれませんが、これはオイルのおかげではありません(笑)
オイルプリングは20分を目安に口の中でオイルを転がします。

やってみると分かりますが、20分間口の中で「くちゅくちゅ」としていると表情筋がかなりしんどいです。
毎日20分間オイルプリングをするうちに、次第にあなたの表情筋は鍛えられて小顔になっていきます。

いわばオイルプリングの2次効果ですね。

オイルプリングによる好転反応

オイルプリングをすることによって、人によっては好転反応が顕著に現れる人がいます。

例を挙げると、鼻水や咳が出て風邪っぽい症状が出たり、発疹が出たりします。
これは好転反応で、体内の毒素を体に出そうとする身体の反応ですので安心してください。
オイルプリングをしばらく続けることで次第に症状は治まってきます。

そもそも、使うのは植物油で口内をうがいするだけの行為なので、身体に悪い影響が全くないのは分かるかと思います。

オイルプリングのやり方

では実際にやり方を説明します。
特に難しいことはないですが、いくつか押さえておきたいポイントもあります。

また、正しい方法でした方が効果は出やすいので、正しいやり方をぜひマスターしてください。

コップ1杯の水を飲む

まず初めに水を飲みます。

これは唾液をよく出すために行います。
唾液には細菌の繁殖を抑えたり、効率よく除去するのに役立ちます。

ココナッツオイルを口に含む

次に、ココナッツオイルを口に含みます。
理想的な量は大さじ1杯ですが、私は少し多く感じるので8割程度の量に抑えています。

ココナッツオイルは25度以下だと固形になっていますが、口の中に入れるとすぐに溶けますので固形のまま口に入れて大丈夫です。

オイルを口の中で動かす

オイルを口に含んで、「くちゅくちゅ」と全体に行き渡らせます。
特に激しくする必要はありません。

ゆっくり、丁寧に舌先なども使いながら口全体をオイルが行ったり来たりするようにしましょう。

目安の時間は約20分程度です。
慣れるまでは意外とこの20分は大変です。

初めのうちはオイルを口に入れることで気持ち悪くなったり、唾液が大量に出てきたりすると思います。

そのような時は一度オイルを吐き出して構いません。
少し落ち着いたら新しいオイルを含んで再開すればよいのです。

合計で20分続ければオイルプリングの効果は実感できます。

オイルを吐き出す

口の中でオイルを20分動かし終えたら、そのオイルは吐き出しましょう。
オイルの中には口の中の細菌が引っ張り出されてたくさん含まれています。

もともと口の中にいる常在菌ですので、飲んだところでただちに病気になることはありませんが、極力体外へ出すようにしましょう。

また、オイルを吐き出す時は、洗面台に吐き出すのではなくて、ティッシュや袋などに吐き出しましょう。

ココナッツオイルは固まりやすいため、配水管を詰まらせる恐れがあります。

実際にやってみると分かりますが、20分オイルプリングを続けると唾液がだいぶ分泌されて口の中の水分は結構な量になっています。
ですのでティッシュに吐き出すには大量の枚数を必要としてしまいます。

私の場合は袋に数枚ティッシュを入れてそこに吐き出すようにしています。
ティッシュを入れるのは、袋が破れた場合に漏れ出さないようにするためです。

まとめ
・口に大さじ1杯程度のココナッツオイルを口に含む
・20分間、口の中で「くちゅくちゅ」とオイルを口全体に行き渡らせる
・終わったら吐き出すか飲み込む
・口の中が気持ち悪い方はオイルプリング後に歯を磨く

オイルプリングの注意点

手軽にノーリスクで行うことが出来るのがオイルプリングの特徴ですが、いくつか注意した方がよい点もあります。

慣れるまでは食後は避ける

まず初めに、オイルプリング初心者の方は食前にしましょう。

口の中に油を含むというのは、慣れるまでは少し不快感を覚えます。
人によってはえづく(吐き気)ことがあります。

慣れていないときに、満腹の状態でオイルプリングをしてしまうと、嘔吐してしまうこともありますので、なるべく空腹時にした方が良いでしょう。

私も初めはビクビクしていましたが、えづくことはありませんでした。

オイルプリング後のオイルは飲み込まない

オイルプリングをした後の油は飲まないようにしましょう。

20分間オイルプリングした後の油には、口の中の細菌や毒素が大量に含まれています。

もともと口の中にあった常在菌ですので、飲み込んだところで直ちに健康を害するということはありませんが、極力飲み込まないほうが良いでしょう。

洗面台や流し台に吐き出さない

また、オイルを口から吐き出すときは、洗面台や流し台に直接吐き出さないように注意してください。

特にココナッツオイルの場合は、融点が高く20~25度で固体に変わります。

洗面台や流し台に直接オイルを流してしまうと、配水管が詰まる可能性がありますので、ティッシュや袋に出して燃えるゴミとして捨てましょう。

私は袋の中にティッシュを数枚入れて、その中に吐き出しています。

まとめ
・慣れるまでは空腹時に行う
・終わった後のオイルは飲み込まない
・オイルは洗面台や流し台に吐き出さない

オイルプリングの疑問

オイルプリングに関する疑問やよく寄せられる質問について解説します。

オイルプリングは何歳から出来る?

オイルプリングは植物油を使うので害や副作用が全くない健康法です。
したがって年齢制限はなく、子供が行っても安全です。

しかし、「オイルを飲み込まない」ということを理解できる年齢になってから行ったほうがよいでしょう。

ココナッツオイルなど甘い香りのするオイルはオイルプリングへの抵抗を無くしますが、反対に飲んでしまうことも考えられます。
よく言い聞かせて吐き出すことを教えてください。

オイルプリングは1日何回するのが良い?

オイルプリングは一日2回するのが良いとされています。

しかし、数々の実験検証におけるオイルプリングは1日1回しているケースが多いです。
一日1回でも十分にオイルプリングの効果を感じることができるでしょう。

私は朝と夜の2回、なるべく行うようにしています。

オイルプリングは20分間必ず行わないといけない?

オイルプリングはなるべく20分間行うほうが良いでしょう。

事例では20分間オイルプリングを続けていて効果を感じていた人が、10分間に短縮したところ効果を感じることが出来なくなった。
そこで20分に戻したところ、効果を再び感じることが出来た。

という臨床結果があります。

オイルプリングをするタイミングは?

オイルプリングは口の中の細菌や毒素を取り除くために行います。

したがって、口内細菌が多い時間帯に行うのが一番効果的だと思います。

口内細菌の推移
画像引用:ベクティビックス

上記の図でも分かるように、口内細菌は食事をすると減ります。
これは、食事時は唾液が大量に分泌されるためです。

ですので、オイルプリングをするのは食前のタイミングにするのが一番適しています。

オイルプリングは歯磨きの前と後どっちにすれば良いの?

これは特にどちらでも、その効果に大きな変化はありません。

私は朝起きてすぐと、夜の寝る前にオイルプリングを行います。
したがって、朝は歯磨き前、夜は歯磨き後にオイルプリングを行っていることになります。

オイルプリング後に口の中が気持ち悪く感じる人は、歯磨き前に行うほうが良いでしょう。

オイルプリングに適した植物油はどれ?

オイルプリングはどの植物油でも効果は同じです。
私は健康に良いココナッツオイルを使用しています。

ココナッツオイルは、中鎖脂肪酸やラウリン酸という健康に良い成分が豊富で、抗菌作用や抗ウイルス作用があるので私はオイルプリングに適していると思っています。

妊娠中や授乳中にオイルプリングをしても良い?

オイルプリングは身体に何か成分を取り込むわけではないので、妊娠中や授乳中でも気にせず行うことが出来ます。

むしろ、風邪の予防にもなるので、身体の大切な時期には積極的に行うほうが良いでしょう。

服薬中にオイルプリングをしても良い?

こちらも同じでオイルプリングはなんらかの成分を取り込む健康法ではないので問題はありません。

むしろ、オイルプリングを行うことによって、薬を飲まなくても大丈夫になった、薬の量を減らしても症状が出なくなった、という人もいるぐらいです。

心配であれば、かかりつけの医師に聞いてみましょう。

オイルプリングに適したココナッツオイルの選び方

ココナッツオイル

オイルプリング用のココナッツオイルは正直なんでも構いません。

食事に使うのであれば、断然バージンココナッツオイルをオススメするのですが、オイルプリング用であれば精製オイルでも効果を実感することができます。

ココナッツオイルはメーカーによって香りがそれぞれ違います。
20分間口の中でオイルを転がしますので、なるべく自分に合った香りのココナッツオイルを使ったほうがいいと思います。

ちなみに私は現在、3種類のバージンココナッツオイルが手元にあるのでバージンココナッツオイルでオイルプリングをしていますが、勿体無いので近いうちに精製ココナッツオイルに切り替える予定です。

私が現在使っているバージンココナッツオイルはこちら

Amazonで購入:Dr.ブロナー バージンココナッツオイル 1,805円(税込み) + ¥ 350 の配送料
楽天で購入:Dr.ブロナー ヴァージンココナッツオイル (税込 1,400 円) 送料別

最後に

もっと詳しくオイルプリングについて知りたいのであれば「ココナッツ・オイルプリング」を読むことを強く勧めます。

私自身もこの本を読むことでオイルプリングの素晴らしさに触れることが出来ました。

Amazonで購入:ココナッツ・オイルプリング 1,944円(税込)
楽天で購入:ココナッツ・オイルプリング 1,944円(税込)

 - 健康

  関連記事

便秘
ココナッツオイルは便秘に効果があるのか?

いろんなWEBサイトではココナッツオイルに便秘を解消する効果があると書かれていま …

アルツハイマー型認知症
ココナッツオイルで認知症の予防・改善が出来るって本当!?

2008年にアメリカの医学博士メアリー・T・ニューポートさんが、驚くべきレポート …