ココナッツオイルマニア

ココナッツオイルマニアが選ぶ!オススメのココナッツオイル

ココナッツオイルに含まれるビタミンEの効能・効果・働き

   

ココナッツオイルに含まれるビタミンEの効能・効果・働き

ビタミンEは美容やアンチエイジングに効果がある成分ですが、残念ながら人体で作り出すことはできません。したがって食品から摂取する必要があります。

ビタミンEはトコトリエノール類とトコフェロール類の2種類に分けられますが、ココナッツオイルやパーム油にはトコトリエノールが豊富に含まれています。

このトコトリエノールには強い抗酸化作用があるため、「若返りのビタミン」とも呼ばれています。

また、多くの植物油に酸化防止剤としてビタミンEが添加されています。
しかし、ココナッツオイルは酸化に強い性質があるのと、もともとビタミンEを豊富に含んだ食材なので添加されることは少ないです。

天然のビタミンEは合成型のビタミンEと比べて2倍の生理活性で働く抗酸化作用がありますので、サプリメントから摂取するよりも効率が良いと言えるでしょう。

ビタミンEの効能・効果

それではビタミンEの効果や効能を見ていきましょう。
今回は、ビタミンEの中でもココナッツオイルに含まれるトコトリエノールの効果や効能について説明します。

老化を防いでアンチエイジング効果

ビタミンEには強い抗酸化作用があり、若返りのビタミンと呼ばれています。
抗酸化作用とはその名の通り、酸化を防ぐ効果のことです。

人間は体内でエネルギーを作り出す際に多くの酸素を必要とします。
そのエネルギーを作り出すために使われた酸素は活性酸素に変わります。

この活性酸素は体内でたんぱく質や脂質、DNAを傷つける性質ももっている厄介なもので、この活性酸素が原因で人間は老化していくのです。

そして、ビタミンEはこの厄介な活性酸素を除去する働きをもっているため、老化を防ぎアンチエイジングに効果があるというわけです。

血液を良くする効果

ビタミンEには血流を良くする二つの働きがあります。

一つは血液をサラサラにする効果です。
血液は中性脂肪など主に食生活によってドロドロになります。

ココナッツオイルに含まれるビタミンEには中性脂肪を除去する働きがあるので、血液がサラサラになります。

もう一つは血管を柔らかくする働きです。

血管の膜は老化と共に酸化によって弾力を失い固くなります。
血管膜が固くなると、血管が傷つきやすくなります。
血管が傷つくと修復するために白血球や血小板が集まり、その周辺は糊状効果が起こります。
その糊状にコレステロールなどが着くことにより出来るのが血栓です。

血栓が増えるとその分、血管は狭くなり血流が悪くなります。

ビタミンEには、強い抗酸化作用があるので、酸化によって血管が固くなることを防いだり改善させます。

この二つの働きから血流を良くするのです。

まとめ
ビタミンEは血液をサラサラにし、血管を柔らかくすることで血流を改善させる。

肌荒れ予防、しみの改善などの美容効果

ビタミンEには美白・美肌効果がある

ビタミンEのトコトリエノールには、しみの原因であるメラニン色素の抑制を妨げる働きがあります。
人はストレスを感じたり紫外線に当たるとメラニン色素を生成します。

メラニン色素は本来、紫外線などから肌を守るために生成されるものなのですが、これがたくさん作られると日焼けやシミの原因になります。

メラノサイト活性化因子は、メラニン色素を生成するメラノサイトを活性化させる働きがあるため、紫外線を多量に浴びるとメラニン色素が過剰に生成され、シミをつくり出すのです。
トコトリエノールはシミの生成に対して、メラノサイト活性化因子の放出を抑え、メラノサイトがメラノサイト活性化因子を受け取ることを抑えるように働きます。

引用:わかさの秘密

と、少し専門用語が多くて分かりづらいかもしれませんが、とりあえずビタミンEはしみの原因であるメラニン色素の生成を防ぐ力があるようですね。

また、ビタミンEには肌のしわを改善する働きがあります。

肌のしわは、老化と共にハリを保つコラーゲンや、水分を保持するヒアルロン酸が減少することによって発生するのですが、ビタミンEが持つ強い抗酸化作用によって、活性酸素を除去することにより、肌の老化を抑えます。

そのことによって、お肌がハリや水分を保持することが出来るようになり、しわが改善され美肌になるのです。

まとめ
ビタミンEには、メラニン色素の生成を抑え、しみを防ぐ美白効果がある
ビタミンEには、お肌のハリや水分を保持させて、しわを改善する美肌効果がある

コレステロール値を下げる効果

ビタミンEにはコレステロール値を下げる働きがあることが分かってきました。

しかしこれは、ビタミンEの中でもココナッツオイルなどに含まれるトコトリエノール類に限られていて、一般的なビタミンEのトコフェロール類にはこの働きはありません。

コレステロールは人体にとって必要不可欠な栄養であると共に、過剰に摂ると動脈硬化を起こす原因となります。

そしてトコトリエノールには、コレステロールの生成を抑える働きがあるのですが、過剰に生成されるときだけ抑える働きがあります。

1995年に発表された論文によると、

第1群に対してにalmviteeおよびトコトリエノールの効果を高コレステロール患者で調べたところ、4週間の食事療法で36名のコレステロール値を5%減少させました。

また第2群に対しては、4週間200mgガンマトコトリエノールを摂取させたところ16名で13%の低下が見られた

参考:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8614309

とあります。

 - 基礎知識

  関連記事

ココナッツオイルとは?

ココナッツオイルとは、その名の通りココナッツの白い果肉部分から取れるオイルです。 …

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸の効能と含有量の割合は?

中鎖脂肪酸についてはWEBサイトに書かれている内容も誤ったものが多く、誤解されが …

no image
エキストラバージンココナッツオイルとココナッツオイルの違い

ココナッツオイルを選ぶときに、エキストラバージンココナッツオイルとかココナッツオ …

no image
ココナッツオイルの賞味期限は?保存方法はどうする?

ココナッツオイルは20度~25度以上であれば液状ですが、それ以下に下がると固形化 …

no image
ココナッツオイルの選び方。安いココナッツオイルでも効くの?

ココナッツオイルは色んなメーカーから販売されており、製造過程も異なれば、値段も高 …

ココナッツオイルに含まれるラウリン酸の効能

ココナッツオイルにはラウリン酸が豊富に含まれているのが特徴です。 ラウリン酸は飽 …

no image
ココナッツオイルの摂り方、一日の摂取量について

ココナッツオイルを摂取するのに様々な疑問があると思います。 例えば、一日に何回食 …

no image
ココナッツオイルの効能・効果

ココナッツオイルの効能を知るにはココナッツオイルに含まれている栄養成分の効能を知 …